おでこの大量な汗を抑える対策3つを実践してみた!

Sponsored Link

こんにちは、今回は前回お話した、
おでこの異常な汗の原因と
その対策についての続きです。
おでこ 汗 ツボ 1

 

前回の記事はこちら↓
>>おでこの異常な汗を抑える方法まとめ!即効性な対策とは?

 

おでこ汗はストレス性の原因が強いと
いう事で話をさせてもらったんですけど
じゃあ、具体的には?という事で進めます。

 

Sponsored Link

おでこの汗を抑える3つの方法を試してみた!

 

まぁ5つというのは、
いわゆるツボというやつです。

 

ストレスで汗が出るという仕組みには
自律神経という働きが影響しています。

 

なので、物理的にその神経を鎮める
または働きを強化して汗を抑えるように
してみようというわけw

 

という事で一つずつみていきましょう!

 

陰げき(いんげき)

 

場所は手のひらを上にして
小指側の手首にある骨の出っ張りから
肘側に親指分の所にあります。
おでこ 汗 ツボ 2

 

このツボは、手首に近いんで
人にバレずにスっと押せますw

 

これの効果としては、ドキドキ感を
鎮めて、神経の興奮からくる汗を
抑えようという感じですね。

 

もともとは、心臓系に効くツボなので、
緊張して心臓がバクバクなっている時
などに効果があると思います。

 

実際に押してみた感じとしては、
確かに胸が軽くなった気がしましたw

 

深呼吸しつつ、試してみましょう!

 

後渓(こうけい)

 

これも、小指側ですねw

 

握りこぶしを作ると小指側にシワが
出来ると思います。

 

その小指側のシワ、手首の方が
後渓となります。

 

こちらに動画を用意しました↓
「後渓のツボの取り方」

 

これは、首や肩の痛みによく効く
ツボなんですが、多汗症にも効果が
あります。

 

[ad#ad1]

 

痛みを抑えるという事は、
過剰に働いているその周囲の筋肉や
神経を鎮めるという事。

 

おでこに大量の汗をかくほどの
緊張状態で首や肩に力が入って
いれば、改善される可能性があります。

 

これは、汗ではないんですが、
実際にハリ治療をこの部位にしてもらうと
確かにコリと痛みがなくなりましたw

 

効果としては、効き目ありですねw

 

合谷(ごうこく)

 

場所は手の甲側で、
人差し指と親指の間にあります。

 

こちらも簡単な動画を用意しました↓
「合谷の簡単なツボの取り方!」

 

まぁ、このツボはどんな所にも
よく出てくる万能ツボですw

 

なんでも効果あるじゃないかくらい
体への影響する範囲が広いw

 

パッと書くだけでも、肩こり、歯痛
頭痛、、喉かぜ、便秘、下痢など
なんかしんどい時はとりあえずww

 

で、おでこ汗を抑える効果ですが、
これももちろん、あります!

 

合谷はさっき言った通り
痛みを抑える効果があります。

 

いわゆる、鎮痛効果です。

 

そして、鎮痛効果があるという事は
鎮静効果もあるという事です。

 

どういう事かというと、
物理的な痛みが鎮痛で
気持ちのしんどさが鎮静という事。

 

つらく、くるしい気持ちを
抑える効果があるんですね。

 

ストレス性のおでこ汗の方は、
こういう辛い、苦しい場面で汗を
かく事が多い!

 

そんな時、この合谷は鎮静効果にて
その気持ちのしんどさを
取り除いてくれるというわけです。

 

これは、僕もよく使いますww

 

使った感想としては、
まず、手にあるツボなので人知れず
さくっと押せますw

 

効果も疲れが少し取れる感じは
僕はしてますね。

 

このツボ実は脳にも効くらしく、
左手のツボが右脳で
右手のツボが左脳に効果あります。

 

右脳がだいたい感情を
司っているんで、もし極度の緊張から
汗が出ている場合は左手ツボが有効。

 

試してみてくださいw

 

まとめ

 

ここまでで紹介した以外にも、
身柱(しんちゅう)や復溜(ふくりゅう)
というツボも効果があります。

 

ただ、身柱は背中側にあり、
ツボの押しにくさと目立つという
難点があります。

 

同様に、復溜も足にあるので
同じ理由で実用的ではないかな?
と思い省略させてもらいました。

 

たぶん、汗かきな人はだいたい
人前にいる時なんですよねw
僕も含めw

 

じゃあ、バレずにするには?
となると手にあるほうが実用的w

 

とりあえず、おでこ汗が出ちゃう人は
この三つのツボを憶えておくと
いいでしょう!

 

今回はここまでです。

 

お読み頂き、
ありがとうございました。

Sponsored Link