リプロスキンの効果的な使い方!もう一つのマル秘テクニック!

Sponsored Link

前回お話したんですが、リプロスキンの効果的な使い方は、3つあります。

・アトマイザーを使って顔全体につける!

・洗顔後すぐに(化粧水の直前)
・顔全体になじむ程度(アトマイザーで効率的に)

この3つはとりあえず、押さえて頂ければ、効果は適当にやるより断然いいです。

そして、今回はさらにもう一つのマル秘テクニックをまとめてみたのでみてみて下さい↓

 

リプロスキンもう一つのマル秘テクニック!

 

前回のマル秘テクニックはこちらからどうぞ↓
リプロスキンの効果的な使い方!3つのマル秘テクとは?

 

・もひとつのマル秘テクニック

 

で、さっそくなんですが、前回上げた3つの方法と合わせて使いたいもう一つのテクニックとは、

 

・顔(手)の温度

 

です。

 

肌温度が高いと浸透率がすごく上がります。

 

たった0.3度の上昇でも、50%以上の浸透率が上がるそうです。

 

正常な肌の温度は、

 

・およそ32~34℃

 

これより高ければ、肌は赤くなり、熱をもちます。

 

脂性なら脂分が多くなり、べたついたりしてしまうんですよね。

 

で、低すぎても、肌は青くなり、肌荒れやシワが出来やすくなってしまします。

 

丁度いいのが、32~34℃ということ!

 

この正常な肌温度の状態で、リプロスキンを使えば、肌が暑すぎるたり冷たすぎたりしているよりは確実に浸透率が上昇します。

 

じゃあ、どうのように肌温度を上げるのか?という事ですね。

 

・肌温度の調整の仕方

 

肌の正常な温度の作り方ですが、それは2つです!

 

・蒸しタオルを使う

・桶で手を温める

 

この2つですね。

 

ただ、蒸しタオルなんてめんどくさいと思うかもしれません。

 

そんな時は、スチーマーという商品がおすすめです。

 

このスチーマーとは、その名のとおり、スチームが出てくる家電商品です。

 

スチーマー=美顔器

 

ともいいますよね。

 

スチーマーのいい所は、ボタン一つで良質なスチームが肌を温めてくれて、さらに肌の角質層まで働き、美肌を手助けしてくれる事です。

 

僕も別件でたまたま買ってたんですが、最近のスチーマーはナノレベルの水分が肌の奥深く、角質層まで浸透してくれて潤いを与えてくれるんですよね。

 

だから、リプロスキンとの親和性は抜群です!

 

まあ安くはないんで、(だいたい1万くらいだったかな~)余裕があれば自分へのプレゼントとして買ってもいいかも。

 

もう一つ、お金をかけない方法でいえば、

 

・風呂場の湯気を利用する

 

この方法ならば、体も温まりつつ、肌にも直接、湯気(スチーム)がいきわたり、肌温度を適温にあげる事ができます。

 

普段から風呂に浸かっている方は、少しシャワーなんかを出して、浴室に湯気をはってみてはいかがでしょうか?

 

ぜひ試してみてください。

 

まとめ

 

今回は前回に引き続き、リプロスキンの効果的な使い方についてまとめてみました。

 

リプロスキンを使う時は、とにかく

 

・肌を温める

 

事が大事です。

 

温める事で肌内部までの浸透率がかなり上がります!

 

温める方法としては、

 

・蒸しタオルで顔を温める

・スチーマーで顔を温める

・風呂の湯気で顔を温める

・桶に湯をはって手を温める

 

があります。

 

一番気を付けたいのは、顔の温度です。

 

リプロスキンを使うのは顔なんで、特にここは冷え過ぎたり、暑すぎたりしないようにしておく事をおすすめします。

 

ぜひベストなリプロスキンの使い方をしてみて下さいね。

 

今回はここまでです。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link