男の肌クレーター治療まとめ!自宅で治す2つのコツとは?

Sponsored Link

クレーター肌の治し方は、2つ!

 

・専門機関で治す!

・自力で治す!

 

このどちらかです。
出来る事なら、自宅で治したい。。そう思っている方多いんじゃないでしょうか?

今回はそんな男の悩みクレーター肌の治した方についてまとめてみました!

 

Sponsored Link

クレーター肌の病院での治療とは?

 

クレーター肌を治すなら専門機関の病院が一つの選択肢です。

 

クレーター肌とは、ニキビ跡が真皮層まで及んでいる事をいい、肌の深くまでえぐれてしまっています。

 

そんな深いクレーター肌は、ただ普通にケアしているだけでは、改善はかなり難しい。。

 

実際に病院で治療してもらうなら、

 

・ピーリング治療

・レーザー治療

 

などが主になってくると思います。

 

ただ、この治療効果はあるかもしれませんが、どちらも肌にはかなりの刺激!

 

この治療を受けたいクレーター肌の方は、かなり肌ダメージが蓄積していると思いますので、もし病院での治療を考えているならば、まず肌ダメージを抜く取る事から始めるのをおすすめします。

 

いきなり病院で治療すると、思うような効果が得られないばかりか、肌荒れを強くしてしまう事もあります!

 

じゃあ、やはり自宅で?って事になりますね。

 

クレーター肌自宅での治療とは?

 

自宅で治療という事ですが、具体的にどうするの?ってなりますよね。

 

方法としては、

 

・ターンオーバー回復

・肌内部ケア

 

この2つです!

 

クレーター肌っていうのは、結局、ひどいニキビ跡から、肌が回復しなかったもの!なので、これを改善していけばいいんです。

 

まず、

 

・ターンオーバーの回復

 

ターンオーバーの改善で肌は回復していくことが可能となります。

 

クレーター肌ともなった頑固な肌ダメージを抜く事は簡単ではありませんが、ターンオーバーの改善の為にやっておきたい5つの事をしっかりと行えば問題ありません。

 

その5つとは↓

 

・肌を刺激しない洗顔!

・肌を意識した食事!

・肌を意識した生活リズム!

・ビタミンCの外内からの摂取!

・肌内部ケア専門の化粧水!

 

これらを意識していくことが重要です!

 

・肌内部ケア

 

そして、肌が回復し、ターンオーバーが改善すれば、あとは肌の内部ケアをしていく事で、安定した美肌を手に入れる事が出来ます!

 

正直、肌環境を変える!なんて事は今まで実践されてきたかもしれません。

 

僕も早寝や早起き、納豆たべたり、ごしごし肌を触らなかったりといろいろ試してはみました。

 

けど、結果はちょっとよくなるだけ。

 

1週間じゃ足りないんだと、1か月頑張ってみたが、やっぱり結果は同じで、ちょっとよくなるだけ。。

 

何が悪いのか?何が足りないのか?

 

それが、肌の内部ケアだったんです!

 

クレーター肌ほど痛んだ肌は、肌内部もダメージを負っており、ハリやみずみずしさが失われている可能性が高い。

 

そんな肌内部の環境なのに、肌の表面がきれいになっても、張りぼてはすぐに壊れてしまします。

 

安定した美肌を手に入れる為には、肌内部ケア専門に作られた化粧水が必要です。

 

それがこちら↓

 

このリプロスキンの効果は確実です。

 

まさに痛んだ肌の方にこそ使ってもらいたい商品!

 

このリプロスキンを2~4週継続して使ってみたことで、病院で治療するレベルのクレーターが「薄くなってきた」という口コミが多く寄せられています。

 

その理由は、痛んだ肌内部をしっかりとケアして、安定したターンオーバーを手に入れているから。

 

まとめ

 

男はニキビ跡が出来やすく、クレーター肌になりやすいです。

 

このクレーター肌を治していくには、

 

・病院レーザー治療かピーリング

・自宅で肌の環境改善と肌内部ケア

 

大きくこの2つが重要です。

 

病院に行くなら、いきなりはいかず、まず肌内部のケアをしっかりしてから行くようにしましょう。

 

自宅で行うなら、まずは肌ダメージを抜く事から始めて、最後に肌内部ケアで安定した効果をだしていきます。

 

どちらも、効果はありますが、僕はまず自宅から行う事をおすすめします!

 

なぜなら、やはり病院はお金がかかるから。

 

一回、数万円という事もあるなら、自宅でまずクレーターをしっかりと理解し、ひとつひとつ課題をクリアしていく方がかなり経済的です。

 

一度、肌内部ケアを実践してみてください!

 

今回はここまでです。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link