ビタミンC誘導体でニキビを効果的に治す方法まとめ!

Sponsored Link

ビタミンC誘導体は、肌ケアには欠かせない重要なアイテム。

 

ビタミンC誘導体を上手に使う事で、繰り返し起こるニキビやニキビ跡を効果的に治す事が出来るんです!

 

今回は、そんなビタミンC誘導体の効果的な使い方についてまとめてみました。

Sponsored Link

ビタミンC誘導体とは?

 

ビタミンC誘導体ってそもそも何?って話から簡単にしていきたいと思います。

 

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCとリン酸が結合した物質で、水に溶けにくく、肌に浸透しやすい性質を持っているもの。

 

「水に溶けにくい」

「肌に浸透しやすい」

 

ビタミンC自体は、そもそも水に溶けやすいので、化粧水としては使えません。

 

その難点をこのビタミンC誘導体は解決してくれて、さらに肌だけでなく、皮膚からも体内に吸収され、ビタミンC効果の恩恵を受ける事ができます。

 

最近は、市販されている化粧水にも、ビタミンC誘導体と書いてあるのも多くなってきているので、今度、ドラッグストアに行くときは見てみてくださいw

 

少しまとめると、

 

ビタミンC誘導体とは、

 

「水に溶けにくい」

「肌に浸透しやすい」

「皮膚から体内にも吸収されやすい」

 

ビタミンC単体では、得られないビタミンCのメリットを効果的に取り入れる事が出来ます。

 

ビタミンC誘導体の効果的に摂取する方法

 

まず、ビタミンC誘導体は、手作りする事をおすすめします。

 

さっき言ったように、最近はお店でもビタミンC誘導体の化粧水を見ることがあるんですが、濃度5%以上が効果があると言われる中、そのどれもがだいたい成分が薄いw

 

なので、自作でのビタミンC誘導体化粧水がより肌ケアに有効かと思います。

 

自分で作るなら、

 

ビタミンC誘導体の粉末を購入

精製水(浄水器で出した水やミネラルウォーターなど)と混ぜる

ビタミンC誘導体化粧水・5%濃度なら水100mlに、ビタミンC誘導体の粉末5g

 

注意点としては、

 

ビタミンC誘導体化粧水は、もって1週間ほど

細菌に弱いため、清潔に保つ必要がある

 

少しデリケートな代物なので、取扱いにはちょっとした注意が必要ですねw

 

さらに、浸透率がいいビタミンC誘導体ですが、さすがに長年、肌が荒れていたような方の場合、逆に刺激になる事があるので、ビタミンC誘導体化粧水を使用して、肌荒れやニキビが悪化した場合は、一旦使用を控えましょう。

 

そんな方は、まずぬるま湯洗顔から始めて、肌ダメージの回復に努める事が最優先です。

 

効果的な取り方ですが、

 

浸透率がいいビタミンC誘導体をさらに肌内部へ届けるために、導入型柔軟化粧水を使用します。

 

導入型柔軟化粧水とは、化粧水を行う前の準備として、肌へ浸透させる下地的な化粧水の事で、これを使う事で、びっくりするほど肌のハリが生まれ変わりますよ。

 

肌のハリが出たという事は、肌の健康状態が改善してきるんですね。

 

より効率的に、より早くニキビ肌の改善を目指すなら、ビタミンC誘導体化粧水導入型柔軟化粧水の併用をおすすめします。

 

まとめ

 

ビタミンC誘導体化粧水は、

 

「水に溶けにくい」

「肌に浸透しやすい」

「皮膚から体内にも吸収されやすい」

 

ビタミンCをより効率的に肌へ届ける優れものです。

 

このビタミンC誘導体化粧水を効果的に取っていくなら、導入型柔軟化粧水の取り入れをおすすめします。

 

この導入型柔軟化粧水を使用する事で、肌への化粧水浸透率がかなり上昇し、ニキビ肌をより早く改善してくれるんです。

 

ただ注意点として、

 

ビタミンC誘導体化粧水をかなりの肌荒れ状態で、使用すると逆に刺激になって肌荒れが悪化するので、一回つけてみて、ピリピリするような刺激を感じたら一旦、ビタミンC誘導体化粧水を使用するのはやめておきましょう。

 

僕は、軽くニキビが出来ている程度の肌だったので、ピリピリ感などはありませんでしたw

 

感覚は人それぞれだと思いますが、効果は必ずあるので、ぜひ繰り返すニキビやニキビ跡に使用してみて下さい。

 

今回はここまです。

 

お読み頂き、ありがとうございました。

Sponsored Link