男性のあごにニキビ跡が出来る2つの原因とは?

Sponsored Link
あご ニキビ跡 1

あごニキビは繰り返し起こって、その内ニキビ跡になります。。

 

なぜニキビ跡が出来るのか?
これには2つの理由がありました!

 

それは、真皮の傷とターンオーバーです。

今回は特にあごに注目して、その2つの原因について調べてみました。

 

Sponsored Link

あごにニキビ跡が出来る原因その1

 

僕は、結構このあごニキビを繰り返す方で、そのたびにニキビが赤くなってかゆくなって、さらにちょっとシミっぽくなって毎度の事ながら嫌な思いは結構してました。

 

あごニキビを繰り返す方はこちらもみてみて下さい↓
あごニキビが繰り返す5つの理由と対策まとめ!

 

ニキビが出来たらしっかり洗顔もしてたし、早寝もしてたし、なぜニキビが治らず、さらにあとまで出来るのか?

 

答えは意外にシンプルでした。

 

・真皮の傷

 

真皮といきなり言われても分からないですよね。

 

僕も調べるまでは「なんこっちゃ?」だったので分かりますw

 

ちょっと簡単に説明させて頂きますねw

 

あごに限らず、皮膚は3つの層から構成されています。

 

上から順に、

 

・表皮

・真皮

・皮下組織

 

真皮はちょうど皮膚を構成している組織の真ん中に位置しており、肌のハリと弾力を維持する機能を備えている重要な組織です。

 

あご ニキビ跡 2

 

真皮に存在する、

 

・コラーゲン

・ヒアルロン酸

・エラスチン

・線維芽細胞

 

という4つの組織が、ハリと弾力を生み出しているんです。

 

コラーゲンとかヒアルロン酸は聞いた事があるんじゃないでしょうか?よく女性ものの化粧品とかサプリで聞く名前ですよね。

 

皮膚にこんな組織があったなんてしらなかったwこういう事って女性はみんな知っててそれで、あんなに美容グッズが売られているんですかねw

 

で、ニキビ跡とというのは、繰り返し起こるニキビのせいで、
皮膚の組織が陥没する事で起こります。

 

あご ニキビ跡 3

 

いわゆるクレーターです。

 

あごニキビでいえば、僕たちサラリーマンはあごニキビを繰り返すリスクが非常に高い世代です。その為、あごニキビの跡が出来やすいといっても過言ではありません。事実、僕がそんな感じでしたw

 

そして、ここからが重要なんですが、ニキビ跡は皮膚の一番上、表皮が傷ついても出来ます。

 

ですが、表皮はもともと入れ替わる組織なので、治りが早いです。

 

しかし、真皮は肌のハリや弾力など、肌の質を保つ重要な組織の為、ここが傷つくと簡単に修復できません。

 

真皮の傷はニキビ跡が残る大きな原因

 

大丈夫?そのニキビ跡」って思われないよう気を付けていきたいですねw

 

あごにニキビ跡が出来る原因その2

 

真皮へのダメージは、結構簡単に起こります。

 

表皮ってほんと薄くて、真皮もせいぜい2mm程度しか厚さがないんですよねwこんなに薄いのにいじったりしたら、すぐ真皮まで傷ついちゃうわ~ってことのようです。。

 

ただ真皮へのダメージだけが、ニキビ跡が出来る原因ではありません。

 

・ターンオーバーの低下

 

人の体の細胞は常に古くなって、入れ替わっているそうです。

 

その過程は、もちろん皮膚にも言えます。
その細胞の入れ替わりの事を新陳代謝、またはターンオーバーといって、顔の肌では、表皮が28日サイクルで入れ替わっています。

 

あご ニキビ跡 4

 

役目を終えた表皮の一番上、角質がはがれおちる事で、表皮の一番下、基底層から新たな角質層が誕生し入れ替わります。

 

ただこのターンオーバー、紫外線や汚れなどの外的刺激によって、表皮がダメージを負えば、入れ替わりのサイクルが遅れてしまうんです。

 

もし、このターンオーバーが遅れている状態で、ニキビが出来ていれば、古い角質の入れ替わりが行えないため、ニキビの改善が非常に困難になります。

 

ターンオーバーの遅れがニキビ跡を作る

 

ニキビがなかなか治らないと、ダメージは先ほど言った、真皮まで及ぶことになり、ニキビ跡を残していまうという結果に繋がりかねません。

 

これは、営業や外で働いているサラリーマンには、取ってついて回る問題だと思います。

 

ターンオーバーの正常化を意識していないと、ニキビも繰り返し出来て、ニキビ跡にも発展するという事なんですね・・

 

まとめ

 

あごにニキビ跡が出来る原因は大きく2つがあります。それは、真皮の傷とターンオーバーの低下。

 

真皮には、肌の質を保つ重要な組織がいくつもあり、ニキビが重症化した場合や、こちらからいじったり、干渉したりすれば、すぐに傷がつき、治りにくいニキビ跡が出来てしまいます。

 

ターンオーバーの低下は、営業や外での仕事が主なサラリーマンが、陥りやすい肌の外的なダメージにより起こりやすいです。

 

ターンオーバーの低下が起こる事で、ニキビが出来ている古い角質を入れ替える事が遅くなり、ニキビが長期にわたって治りにくく、繰り返してしまいます。

 

特にあごラインのニキビは、僕たち大人に出来やすく、繰り返しやすいです。

 

そこに、さらにニキビ跡が出来る2つの原因も重なってくると、いよいよ長期戦となってきます。。

 

そうならない為、ニキビ跡で本気でお悩みの男性は特にしっかりとこの2つの原因だけはケアしていきたいですねw

 

今日はここまでです。

 

お読み頂き、ありがとうございました!

Sponsored Link