男のあごニキビは3つの内臓が原因?対策まとめ!

Sponsored Link

大人のあごニキビは、内臓由来の事も多々あり、顔ばかりしっかり洗っていても、ニキビは治らない事があります。

 

具体的には3つの内臓が、あごニキビが出来やすい状況を作り出しています。
あご 内臓 4

 

その3つとは、肝臓・腎臓・胃腸です!

 

今回はその3つの内臓がなぜあごニキビを作るのか?その対策方法はあるのか?という事を調べてみました。

 

あごニキビが出来る原因!3つの内臓別に調べてみました!

 

内臓と言われたら、なぜかドキッとしてしましますw

 

なぜなら僕たちアラサーサラリーマンは体を壊しやすくなっているからw

 

残業や付き合い、飲み会、夜更かし、徹マン・・あの時のあれが体をむしばんでした?!怖いですよねw

 

でも、ニキビで体の不調が分かれば、すぐ対応できるし、生活を見直せますから、それはそれでオーケーか?w

 

・原因1 肝臓

 

じゃあ、さっそくあごニキビが出来る内臓ですが、一つ目は肝臓です!

 

肝臓っていうのは、どういう働きなのか?ぱっと思いつくのは、アルコールの飲み過ぎとかでしょうか?
あご 内臓 1

 

僕もだいたいそうだと思います。

 

けど、ニキビが出来る理由をしっかりと理解しておきたいので、もう少し調べてみると、肝臓というのは、余分な栄養と体の毒素の分解を行っている優秀な器官でした。

 

・分解
・解毒

 

この2つで、体に不必要なものを排除してくれているのが、肝臓の役割なようです!ここでこの余分なものを排除しきれないと、それが血液の中に入って、ドロドロな血液にしてしまいます。

 

そして、そのドロドロ血液では、皮膚には適度な栄養が行き渡らず、肌の健康状態は悪くなり、細菌が繁殖しやすくなり、ニキビが出来るという流れ。

 

肝臓機能が落ちる

血液ドロドロ

肌栄養不足

ニキビが出来る!

 

こういう流れが、肝臓由来のニキビとなります。

 

・原因2 腎臓

 

これも、腎臓ってどんな臓器だっけ?となったんで、ニキビとの関連性がわかるよう調べてみました。

 

腎臓ってなんとなく、小便が関わってるのかな?という事はなんとなく分かったんですが、詳しくみると、これも肝臓と同じで、体に不必要になった老廃物だけを選定して、小便として排出するというものでした!

 

例えていうと、腎臓は、フィルターみたいなものでしょうか?体の水分の中から、余分な老廃物を取り除き、体の水分量を調整して、一緒に小便として出すという事です。
あご 内臓 2

 

肝臓とよく似ていて、この機能が弱ると、体の中に老廃物が戻っていき、肝臓同様に血液がドロドロになってしまします。

 

そうなるとさっきの肝臓と同じ流れで、ニキビが出来上がります。

 

腎臓機能の低下

老廃物が血液に戻る

血液ドロドロ

肌が栄養不足

ニキビが出来上がる

 

・原因3 胃腸

 

胃腸ってまとめてしまいましたが、今回あごニキビが出来やすい原因としてみると同じ働きなので、ここはまとめさせて頂きます。

 

胃腸ってどういう理由で、ニキビをつくってしますのか?

 

率直に言うと、「熱」です。

 

人間って体温がありますよね。まぁ当たり前なんですけどwこれって高くなり過ぎたらいけないのは分かると思うんですが、なぜかというと、上がり過ぎた体温は内臓機能を低下させるから。

 

もちろん、体がだるくなったり、判断力が鈍ったり、色々ほかにも理由はありますが、ニキビの件で考えるとこの体温、熱が重要になってきます。

 

熱が逃げなければ、内臓機能が低下

ニキビでいうと、肝臓・腎臓機能の低下が厄介

ニキビが出来やすくなる

 

こういう事になってしまうんですね。

 

そこで、重要なのが、胃腸というわけですw胃腸は、栄養を吸収した後、大便を作って体外に排出するんですが、これが熱を逃がす方法だったんです。

 

便を作って熱を逃がす為、胃腸の働きが弱くなると、熱がこもり、内臓機能が低下して、ニキビが出来やすくなるという事なんですね。

 

そういえば、便秘の女性って肌が荒れるとかよく言うしなw僕たち男でもお腹壊す事はしょっちゅうありますしね。

 

野菜とか食べて、きちんとトレイのリズムを作る事は美肌にもかなり重要だったようですw気を付けよw

 

内臓由来のあごニキビ対策まとめ!

 

では、内臓からきているであろうニキビがあった場合、どんな対策を立てればいいのか?ちょっと調べてみました!

 

・対策1 肝臓

 

まずは、肝臓からですが、これは僕たちが一番気を付けないといけない事「アルコール」wまず、のんべえの方は、ここから意識してみてください。

 

さらに、肝臓はタンパク質や脂肪など、余分に取り過ぎた栄養も分解したりして働いています。

 

食事が、外食ばっかり、肉ばっかり、ポテチばっかり、とにかく油っぽいものは、控えめに意識していきましょう!

 

・アルコールを控える
・脂っこいものを控える

 

・対策2 腎臓

 

腎臓は、水分をろ過して不要な老廃物を排出する臓器なので、適度な水分は必要です。

 

だいたい、3食の食事などから1リットルほど摂取はしているので、同じくらい1リットルほどはとったほうがいいみたいです。

 

なぜかというと、水分が少なくなると血液の流れが悪くなり、腎臓機能への負担が増加してします為。

 

そうすると、さらに負担を受けた腎機能が低下して、負担が増加していき、血液がドロドロなってしまいます。

 

なので、まずは水分を取っていく事がいいと思います。

 

さらに、東洋医学的には、腎臓は冷えにも弱いらしく、特に手足が冷えると腎機能が低下するようです。冷えにも注意しておきましょう!

 

・1リットルほどの水分摂取
・手足の冷えの予防

 

これをこころ掛けていきたいですねw

 

・対策3 胃腸

 

とにかく、胃腸がしっかり働いて、大便を作り、外に出していかないと熱が体にこもり、内臓機能が低下して、ニキビを作ってしますので、便秘にはならないようにしましょう!

 

・便秘にはならない!

 

これにつきますねw正直、お金がそこそこあって、外で食べる事も増えてきた事もあって、確かに学生時代よりは便秘気味な気がしますw
あご 内臓 3

 

それこそ、高校時代とかはバスケとかしてましたし、規則正しく起きて、運動して、もりもり色々食べてたんで、あの時と比べると、胃腸への負担は増加していると思います。

 

みなさんもちょっと、気を付けてみてくださいw

 

まとめ

 

内臓由来のニキビといっても、ビビる事はありません。

 

ただ、僕たちの生活リズムが悪い場合がほとんどでしたからw

 

僕も肝臓・腎臓・胃腸の不調に気を付けて、あごニキビの予防をしていきたいと思いますw

 

ちょっとおまけww
実は、ぼく達の大事なアノ部分の機能が落ちてても、ニキビが出来やすいようですw

 

いやっすねw気を付けよw大丈夫かなww

 

今日はここまでです。

 

お読み頂きありがとうございました!

Sponsored Link