加圧シャツのデメリット15選!購入する前に知っておくべき事!

ユウ

ユウ
こんにちは、ユウてす。

加圧シャツは、メリットばかり取り沙汰されますが、もちろんデメリットもあります。

購入を考えている方はむしろデメリットの方を知りたいですよね。

買ってから後悔したくないですし汗

という事で今回は、加圧シャツのデメリットだけに視点を当てて徹底的に上げてみたいと思います!

購入を検討している方は、ぜひ買われる前に参考にしてみて下さいね。

加圧シャツのデメリットを加圧トレーニングのデメリット誤解している?

加圧シャツの効果である着るだけで

  • 脂肪燃焼効果
  • 筋トレ効果アップ
  • ダイエット効果

がある理由は、加圧トレーニングと同じ効果を加圧シャツでも得られるからなんですよね。

なので、加圧シャツにも加圧トレーニングで起こるデメリット・副作用があるのでは?という不安が広がったわけです。

 

加圧トレーニングのデメリットが加圧シャツに当てはまるか?

加圧トレーニングは、効果を出したい箇所をきつく締め付ける事で、血流を制限し、成長ホルモンの分泌を促します。

加圧トレーニングのデメリットは、この血流制限を起こす事により心臓や血管など循環器系へ負担がかかる事です。

もし血流制限のコントロールを間違えた場合、

  • 吐き気
  • 細胞壊死
  • めまい
  • 脳梗塞
  • 皮下出血
  • 血栓
  • 心筋梗塞
  • しびれ

などを引き起こす可能性があります。

心筋梗塞などは、実際に起こってしまうと命にかかわるので、非常に危険ですね。

では、加圧シャツではこのような血流制限による身体的リスクがあるのでしょうか?

答えは、【ありません】

加圧シャツは、一部分だけを締め付けるわけではなく、加圧力も血流制限が起こるほどではありません。

上半身全体を着圧するだけなので、加圧トレーニングのようなリスクはないので、安心してください。

 

加圧シャツのリスクを検証

加圧シャツの『リスク』には以下のような点が挙げられるといっているサイトもあります。

  • 静脈血栓
  • 冷感
  • しびれ
  • 皮下出血、赤い斑点

ただ、実際に着てみた感想でいえば、どのリスクも僕には当てはまりませんでした。

静脈血栓とかは調べようがないですが、他の症状については全くなかったですね。

考えられる事としては、加圧シャツはやはり加圧トレーニングとは違うので、↑の症状までは起こらないのではないかと思います。

 

加圧シャツ着ると起こる15のデメリット

 

加圧シャツと加圧トレーニングの違いからくるリスクがないと誤解が解けたところで、加圧シャツ自体のデメリットについてまとめていきたいと思います。

 

加圧シャツを着る事による安心感

加圧シャツを着る事で起こるマイナスな気持ちの変化はあります。

それは、

加圧シャツを着た事による安心感

です。

この安心感で、

  • 運動しなくてもいい
  • 好きなものを食べてもいい
  • 見た目をよくする努力をしなくてもいい

という後ろ向きな気持ちが出てきます。

これをそのままにしておくと、せっかく加圧シャツで達成しようとしていた、締まった体作りが失敗していまう可能性があります。

いくら加圧シャツを着たからと言って、普段の生活をよりダメな方向へエスカレートしていっては、加圧シャツの意味がなくなります。

加圧シャツで出来る事は、【サポート】です。

筋トレや食事、見た目などを改善してくれる【サポートアイテム】なので、過剰な期待によるマイナスな気持ちはデメリットといえます。

僕は実際にこのデメリットに思い当たることがあり、加圧シャツを着ているという安心感から普段より増して食べたり、運動しなくなってしまった事がありました。

その時は当然、加圧シャツを着ていながら太った(痩せた状態から元に戻った)ので、加圧シャツを着る!ということは、こういうデメリットもあると感じましたね(;^_^A

 

加圧シャツで疲れる?

加圧シャツを着ても疲れない。という方もいるかもしれませんが、僕は

「疲れます」

普通に疲れますよ(;^_^A

ほどよいとは言っても常に上半身に加圧がかかっているので、体に負担がかかっています。

仕事中に着用しているのですが、帰宅するとクタクタです。

加圧シャツを脱いだ時に「あ~疲れた」気づきますねw

でも仕事中に着用している分、効率的に一日の消費カロリーを上げる事が出来るのでダイエット効果は期待できます。

このくらいのストイックさがないと、モテボディを作るのは難しいですね。

やはり加圧シャツは着てなんぼだと思うので。

しんどいなぁと思った時は、加圧シャツを購入する時の初心に戻って『絶対モテボディを手に入れる』というモチベーションを取り戻してくださいね。

 

デザインがダサい?

加圧シャツは、デザインがどうしてもちょっとダサいのがデメリットです。

ぴちっとしたインナーで、スポーツ用のコンプレッションシャツは、1枚で着用できますが、加圧シャツをちょっと加工ラインとかもあって一枚ではダサく見えてしまう事があります。

もちろん、すべてがダサいわけではないですが(;^_^A

基本的には加圧する事にこだわって作られています。

なので、デザイン性まで求めるのは酷だと思うのですが、デメリットとしては上げたいところですね。

 

公式サイトの【寝るときも加圧シャツ着用】は負担が大きい

僕としては、加圧シャツを着用しながら寝るのは

【危険ではない】

と思います。

加圧シャツはきついですが、加圧トレーニングのように身体的なリスクを及ぼすほどの加圧ではありません。

なので、寝るときに加圧シャツを着ても危険ではないと思います。

ただ、寝ている時にも加圧シャツで刺激を入れ続けるのは、体にとっては負担です。

寝ている時は、副交感神経という自律神経が肉体や脳を休める方向で働きます。

しかし、加圧シャツで筋肉に刺激が入れ続けれられると休むスイッチを入れ替えにくくなってしまうんです。

肉体や脳を休めないで加圧シャツを着続ける事は、体力を奪うリスクもあると思うので、加圧シャツ使い方のデメリットですね。

脳の休む時間が減り、翌日に疲れが残ってしまうと体力だけでなく、免疫力も下がってしまうので、風邪を引きやすくなってしまう可能性もあるんです。

 

加圧シャツは圧力を調整できない←筋ポンプ作用が弱いとリスク

加圧シャツは加圧トレーニングと違って加圧力を調整できません。

なので、筋ポンプ作用(静脈血を心臓に戻す筋肉の作用)が弱い方は、加圧シャツの着圧でも心臓に送られる血流が少なくなる可能性があります。

もしそのような方が使用すると、

  • 貧血症状
  • しびれ
  • 皮下出血
  • めまい
  • 吐き気

などの症状が出る場合があります。

この筋ポンプ作用の低下は、以下の方に気を付けてほしいです↓

  • 生理中や妊娠中の女性
  • 高血圧や狭心症などの心臓疾患者
  • 風邪や病気で発熱を起こしている方
  • 脱臼、骨折、肉離れなどの怪我をしている方
  • かんしゃくやパニック障害をお持ちの方
  • 悪性腫瘍や皮膚疾患のある方

他にも、加圧シャツを着用して異常や違和感を感じるという方は、無理せずに着用を控えましょう。

ただ、筋ポンプ作用が弱まる事は、そうある事ではありません。

また上半身より下半身、足先で起こりやすいので、上半身に着る加圧シャツでこの筋ポンプ作用を気にすることがそこまで過剰にならなくても大丈夫だと思います。

 

加圧シャツは加圧トレーニングのような効果は得られない

加圧トレーニングは、専門のトレーナー指導のもと、二の腕やふとももなど鍛えたい箇所を加圧ベルトできつく圧力をかけ、乳酸や成長ホルモン発生を促します。

この圧力は加圧シャツの比ではありません。

僕も実際にやったことがありますが、加圧シャツの着圧はかなりのきつさです。

なので、血流制限で得られる成長ホルモン分泌促進などの効果は加圧シャツでは得られません。

 

ピタッとした加圧シャツでトレーニングすると体臭が匂う事も

加圧シャツはピタッと体に密着するので、トレーニングなどで汗をかくと普通のシャツより汗がびっちゃりつきます。

脂肪燃焼があるので、汗をかきやすい発汗作用もあるんですよね。

なので、この大量の汗が体臭となって匂うというデメリットもあります。

もちろん、加圧シャツも速乾機能や消臭機能まで備えてきてはいますが、やはり汗は汗なので、匂いという面は、デメリットになりますね。

ただそれでも汗のにおいが気になる!という方の解決策としては「消臭・抗菌成分の入った加圧シャツ」を選ぶ事で、まったく対策されていない加圧シャツを選ぶよりはいいと思います。ぜひ検討してみてください。

 

加圧シャツは価格が高い

僕は、普通のシャツやインナーはユニクロで3枚1,000円以内とかで買います。

そういった点でいえば、加圧シャツはインナーとしては、かなりの割高(;^_^A

加圧シャツの価格平均はだいたい3000~4000円。

この値段は一つの購入を慎重になる理由ともいえるので、やはりデメリットといえばそうですね。

ちなみに類似商品のコンプレッションインナーとかは、一枚10000円近くするものもあるので、加圧シャツが高価格の先頭を行っているともいえません。

勇気を出して買うにはちょうどいい値段かもしれませんね。

 

加圧シャツは上半身しか使えない

加圧シャツは上半身にしか使えないものがほとんどです。

上半身だけで十分だ!という方もいるかもしれませんが、下半身を鍛えたい方もいると思うので、この点はデメリットといえると思います。

ただ最近は加圧スパッツと呼ばれる下半身を加圧してくる商品も出てきました。

全身を鍛えたい場合はぜひ併用してみてください。

まだ下半身用の加圧商品は多くないですが、金剛筋シャツのブランドが出した「金剛筋レギンス」というものもあります。

下腹部から骨盤のずれを補正、太ももから足首まで適切な加圧を与えてくれます。

ことで、下半身の筋トレを強化したい!という人はぜひ金剛筋レギンスも検討してみてください。

 

小さいサイズを購入して効果を早める事はできない

加圧シャツで効果を早く出したいかといって、自分の推奨サイズより小さいものを選ぶのはやめましょう。

小さすぎるサイズを選んでしまえば、吐き気やめまいなどの症状が出る場合があります。

メーカー側もサイズ表をわざわざ作るところもあります。

自分にあったサイズであればメーカーが提案する加圧シャツも24時間着用も想定内なので、安心してしよう出来るので、加圧シャツサイズを選ぶ時は推奨サイズを選ぶようにしましょう。

 

効果を早く出そうとして、購入したその日から着用して寝るは危険

まだ加圧シャツの着用に慣れていない時に、無理に着用して寝ないようにしましょう!

慣れていないと、しっかり熟睡できない可能性があります。

そうなると、翌日に疲れが残り、体力が逆に落ちてしまうかもしれません。

加圧シャツを数日、数週間着用して慣れてきたら睡眠時にも着用するようにしましょう。

 

袖などに加圧シャツの跡が残りやすい方がいる

加圧シャツの種類やあなたの体型によっては、袖口などに着圧のラインが跡になる場合もあります。

靴下を一日履いて脱いだ時にある跡みたいなものですね。

ただ、加圧シャツは着圧によるものなので、きつ過ぎてなる可能性もあります。

跡がついて嫌だなぁと思う方は、定期的に着脱してみてください。

 

普通のシャツと見分けがつきにくい

加圧シャツ、遠目でみれば普通のシャツとほとんど変わりありません。

なので、着替えるときに間違えたり、洗濯ものの中から見つけにくかったりすることがあります。

僕なんかは、黒の半袖Tシャツを普段はインナーにしているので、よく加圧シャツを見失います。

一枚だけだと特に見失いやすいのが、デメリットですね。

対策としては、3枚ほどローテーションができる枚数を揃えておくとストレスなく毎日使用できますよ^^

 

加圧シャツを着用すると動きにくい

加圧シャツは上半身を圧迫するので、動きにくくなることは確かです。

ただ、パソコンとかデスクワークなど、手先の作業している時は特に気になりません。

気になるのは、体の向きを変えたり、大きく腕を上げたりする仕事の時です。

荷物の運搬や車の運転などは、体を大きく動かしたりするので、加圧シャツを着ていると動きにくさを感じる事があります。

動きを制限するほどではないですが、引っ張られているような感覚ですよね。

上半身を大きく動かすような仕事や作業をする方で、もしこの動きにくさが気になる方は日常で着る事が逆にデメリットになるかもしれません。

 

かゆみやあせもがでる事も

加圧シャツを着ていると「あせも」ができる方もいます。

なぜあせもが出来るのか?

あせもが出来てしまう大きな原因の一つとして、

「汗の詰まり」

があります。

汗には、体温調節する大事な役割があります。

加圧シャツを着ている時に体の熱はグッとあがっています。

その時、汗をかくことで体温を下げて調整してくれるんですが、加圧シャツの密着度の高さで、この大量の汗が逃げ場を失い、汗腺が詰まってしまう事があるんですね。

そうなると、汗にはミネラルなどが含まれているため、詰まった箇所で炎症を起こし、「赤く、かゆく、そしてピリピリ痛み」を感じる【あせも】が出来ます。

加圧シャツは、密着度が強いので、たしかにあせもができやすいのがデメリットといえます。

 

最速でモテボディが作れる!加圧シャツランキング!

 

数多くある加圧シャツの中から自分にあったものを選ぶにはポイントがあります。

これは全ての加圧シャツを着てきた中で僕が導きだした答え、それは、

  1. 加圧力
  2. 価格
  3. 着心地
  4. 使いやすさ

この4つです。

1 加圧力はもちろん最も重要です!

加圧力の強さで筋トレ効果、痩せ効果の効きが変わってきます。

もっとも加圧力が高いシャツで、最高の結果を最速で出していきましょう!

2 価格ももちろん大事!

加圧シャツは決して安い買い物ではないのです。

効果も高くて安いコスパの良い物を選びましょう!

3 着心地は、長く続ける為には必須!

加圧シャツは、しっかり2~3か月着続ける努力でモテボディを手に入れることができます!

そのために、継続して続けられる着心地感が超重要!

4 ダサいと着れない!使いやすさは重要!

毎日着るのに、普段着では切れないダサさがあったり、着脱がとても難しくて煩わしいと継続する意思がそがれてしまいます。

この使いやすさも重要なポイントです!

 

すべての加圧シャツを着て導きだした加圧シャツを選ぶ4つポイント!

この中から僕が最もおすすめするベスト5をまとめてみました!

ぜひ加圧シャツ選びで迷っている方は参考にしてみてくださいね↓↓

 

最速でモテボディが作れる!加圧シャツランキング!